結婚相談所での事

私は今年で33歳になる。2つ年上の兄がいるのだがその兄は27歳の時に結婚をした。そのせいで実家に帰るたびに親から「お前はいつ結婚するんだ?」と言われていた。

私が勤めている職場はあまり女性のいないところなので全く出会いが無い。

30歳のころ、あまりにも女の気配が無いので親が「金を出すから結婚相談所に行って来い」と言われた。

普通だったら、「そんなとこ行かねえよ」とか言うようなものだがちょっと興味があったので行ってみることにした。

で、結論から言うとあんな所には行かない方が良い。
はっきり言うと売れ残りが集まって少しでもましなのを探す場所、という感じだ。 なので結婚相談所にいる男女は結婚できなくて当然だろうと思うような人しかいなかった。

お見合いパーティーでのことだ。
とりあえず男女がいっぱいいる。私も含めてパッとしない。 来ている洋服もたいしたものではないペラペラのスーツ。

紙に自分のプロフィールを書く。年齢、職業、年収とか色々。 あとは1人5分くらいのペースで軽くお話をする。

女性の方はまず年収を見ていた。
私は底意地が悪いので年収を250万円と書いた(本当は500万円)。 明らかに、「てめえ何かと結婚できるかボケ。」という感じだった。なのでプロフィールを見ただけではい、終了。という感じ。

最後に。結婚相談所の人と個人的に仲良くなり一緒に飲み行った時の事。 「結婚相談所で結婚しない方が良いよ。出会いはやっぱり自分で探さないと」

▲このページのTOPへ